サーチュイン遺伝子とは

長寿遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれています。

サーチュイン遺伝子の作用は米国MITのガランテ博士が酵母の中から発見しました。

その後の研究で、ヒトなら誰でも持っている事がわかりました。

サーチュイン遺伝子活性化のメリット

サーチュイン遺伝子が活性化すると、

細胞老化等に関連する細胞内蛋白が翻訳語装飾され、

皮膚、血管脳筋など様々な組織・臓器の細胞活性・

エネルギー代謝が変化し、

組織老化の遅延や寿命にも影響するとされています。

その結果、健康寿命の延伸につながります。

健康寿命の延伸

平均寿命と健康寿命

健康寿命のとは「日常生活に制限の無い期間」つまり

「介護に至らず自立した生活をおくることの出来る期間」のことを言います。

日常生活に制限があり、介護等の必要な期間は男女ともに約10年もあります。

サーチュイン遺伝子を活性化する事で健康寿命の延伸をのばしていきましょう。

サーチュイン遺伝子を活性化させるには

シントー化学では聖マリアンナ医科大学病院との共同研究により

オリジナル原料ポリチオネインを開発しました。



お見積もり・お問い合わせはこちら
03-3811-7633
受付時間 8:00-17:00(土日祝日除く)